浅海 中身

第2章「自己改革」のレビュー!

自己改革とは?

復縁するにあたって自己改革は絶対に必要です。
自己改革なくして復縁はありえないと考えてください。

 

ただ、”自己改革”と聞くとなんだか難しそうなイメージを持つ人がいますが、
そんなに難しく考えることはありません。

 

元々あなたと彼女は付き合っていた仲なわけですから、
彼女にとってあなたが理想な男性とかけ離れていたなんてことはないのです。

 

あなたに何か問題を感じて別れてしまったわけで、
その問題を改善する自己改革について解説されています。

 

また、冷却期間のことについても語られています。

 

よくある復縁のノウハウには冷却期間は2週間が良い、
とありますがただ2週間待っても意味はありません。

 

冷却期間をおくことで、彼女の中にどんな変化が起こるかということを
ちゃんと理解していなければならないのです。

 

そして冷却期間の間にあなたがすべきことについても書かれています。

 

 

パターン別の自己改革法

改善、改革するものにはいくつかパターンがあります。
この章では典型的な以下10通りのパターンについて解説されています。

 

  1. 自分の趣味・嗜好・癖に彼女が許せなかった
  2. 将来のビジョンの違い
  3. 結婚観の違い
  4. 性の相性が合わなかった
  5. あなたの浮気
  6. 彼女への思いやりが足りなかった
  7. 遠距離恋愛に彼女が耐えられなかった
  8. 価値観、考え方そのものの違い
  9. 束縛しすぎ
  10. 飽きられた

 

 

自分の趣味・嗜好・癖を彼女が許せなかったのであれば、これはこれで直す必要があります。

 

将来のビジョンや結婚観の違いについてですが、
男性と女性ではビジョンや結婚観については根本的に異なります。

 

男性が将来の夢やビジョンを描くのはいいですが、
それをどのように彼女に説明するかということが重要!

 

結婚についても同じです。

 

彼女の気持ち、考えに同調しながら自分の考えを彼女に伝えることで
彼女はあなたに理解を示してくれるのです。

 

具体的にどのように彼女に自分の結婚観、ビジョンを伝えるか、
その方法について詳しく解説されています。

 

性の相性、肉体的に相性が合わなかったと考える男性がいますが、
ほとんどの場合は肉体的な部分ではなく精神的な部分が大きいです。

 

重要なことは女性があなたとの行為そのものに興奮を覚えているかどうかなのです。
どうすれば彼女があなたに興奮を覚えるか、その具体的テクニックについても書かれています。

 

自分の浮気が原因で別れてしまった人は、
完全に異性との関係を断つくらいの覚悟が必要です。

 

多くの男性は彼女との付き合いが長くなれば連絡する回数や
会う回数が少なくなっていきます。

 

彼女への愛情がなくなったわけではないのですが、これでは
女性は自分への愛情がなくなってきたのでは、と考えます。

 

会う回数が少なくなったとしても、どうすれば女性は喜ぶのか、
女性の心理学の面から効果絶大な方法が書き綴られています。

 

遠距離恋愛についての改善法はずばり、”ある期限”を決めることです。
”ある期限”を決めることで遠距離恋愛でも関係をキープすることができます。

 

8.価値観、考え方そのものの違いについては慎重に判断する必要があります。
なぜなら、あなたがどうしても許せないことが彼女自身にあるのであれば、
復縁したとしてもまた別れるケースが多いからです。

 

どういう場合であれば復縁すべきか、復縁すべきでないかについて
浅海氏の考えが述べられています。

 

束縛してしまう人に関してはまずは自分に自信を持つということ。
どいうすれば自分に自信を持つことができるのか、そして束縛したい気持ちを
抑えてどのように彼女に接すべきか説明されています。

 

飽きられたことが原因と考える男性も多いですが、
これも実はあなたの気持ち一つを変えることで改善することができるのです。

 

どうすればお互い常に緊張感を持ち続けることができるのか、
その具体的方法について書かれていますよ!

 

 

 

「自己改革なくして復縁はない!」

 

「自分を改善して初めて復縁への道は開けるんだ!」

 

(by 復縁番長)

第1章のレビュー

第3章のレビュー